VMware Fusion でリンククローンの仮想マシンを作る

VMware Fusion でのリンククローンの作り方メモ。

リンククローンを利用した仮想マシンでは、親となるマスターの仮想マシンを読み取り専用で共有して、差分のデータのみ保持します。ディスク容量の節約や仮想マシン構築の手間を省くのに効果的です。

親となるマスターの仮想マシンを作る

今回は CentOS で行います。普通に新規でOSインストールして、マスターとなる仮想マシンを作ります。

インストールが終わったら仮想マシンを終了して .vmwarevm ファイルを読み取り専用にします。

リンククローンを利用した仮想マシンを作る

新しい仮想マシンを作ります。「既存の仮想ディスクを使用」からマスターの仮想マシンの HDD イメージ(.vmdk)を選択します。

「続ける」からOSやバージョンを設定します。

「終了」をクリックするとマシンが起動してしまうので「設定のカスタマイズ」をクリックして名前を付けて保存。

設定画面が出てきたら、メニューの「仮想マシン」→「スナップショット」から新規スナップショットを作成すれば完了です。

普通に起動できれば成功です。

確認

リンクした仮想マシンの中身を確認してみます。
.vmwarevm ファイルを右クリックして「パッケージの内容を表示」を選択。.vmdk ファイルをテキストエディタで開くと parentFileNameHint= にマスターの HDD イメージへのパスが設定されています。

あと多段階にリンククローンを重ねる事も可能です。OSインストール直後、LAMPインストール直後、実際の作業環境とリンクしていって使えます。

それとファイルの選択がめんどくさいですが、マスターの仮想マシンのスナップショットからリンクさせる事も可能です。

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

前後の記事

サイト内を検索
例:Youtube、iPhone、Evernote、PDF