Coda 2のトップ20シークレット…。(Coda 2について書かれた記事を意訳してみました)

Mza 4363481018036032892

Panic のブログに「Top 20 Secrets of Coda 2」 という記事があったので意訳してみました。Coda 1 の時からある機能も載っていましたが、それらもそのまま載せています。

別々のファイルを分割表示する方法

別々のファイルを分割表示する方法です。大きく分けて2つのやり方があります。

120723 0001 2

1. ウィンドウを分割した状態で、別のファイルをOption+ダブルクリック、またはパスバーにファイルをドラッグ&ドロップ。

120723 0002 2

2. ファイルの右クリックから「分割ウィンドウで開く」を選択

120723 0003 2

ちなみに分割表示は Option を押した状態だと縦に分割できます。環境設定から逆にする事も可能。

HTML + CSS + ライブプレビュー

Splits

縦に3分割してHTML、CSS、プレビューを表示させると開発が楽です。
HTML、CSSどちらを修正しても自動でプレビューが更新されます。

サイトをグループで管理可能

スクリーンショット 2012 07 23 13 42 25 1

iPhone のホーム画面のようにサイトをグループで管理できます。

タブをアイコンではなくてテキストで表示

Tt

タブバーの下をドラッグするか右クリックから「テキストのみ」を選択。

ファイルの表示・非表示ルール

Rules

環境設定のルールで、条件と一致したファイルを表示または非表示できます。

プレビューでiPhoneやiPadをシミュレート

Pin

プレビューの状態で左下の歯車のボタンからユーザーエージェントを変更可能。

スクリーンショット 2012 07 23 14 28 29 2

画面サイズも各デバイスに自動で合わせてくれます。

パスバーからコードナビゲーターを選択できる

Code navigator2

パスバーをクリックしてコードナビゲーターを表示&選択できます。

コードナビゲーターにコメントでマーク

Bookmark comment

<!-- !Page start -->
/* !Page start */
// !Bookmark

「 ! 」付きのコメントを書くと、コードナビゲーターに表示させる事ができます。

指定した行に直接ジャンプ

スクリーンショット 2012 07 24 17 30 27 2

ステータスバーの行番号をダブルクリックして数字を入力すれば、指定した行に直接飛べます。

CSS のスタイルメニューを「esc」で呼び出せる

スクリーンショット 2012 07 24 17 36 13 1

CSS の編集画面で「esc」キーを押すと、ポップアップでスタイルの一覧を呼び出せます。後は、マウスや矢印キーで選択していけば自動で入力されます。

テキストをタグではさむ

Wrap in tag

テキストを選択した状態で「 Command + Shift + , 」を押すと、テキストを <div> タグで囲んでくれます。そのまま前のタグを編集すると後ろのタグも自動で変わります。

複数行一括編集

Option を押しながらマウスで複数行を選択すると一括編集が可能になります。
<li> の編集などで重宝しそうです。

クイックオープン

120724 0007 2

パスバーの左端または、Control + Q でクイックオープンウィンドウを表示できます。文字を入力するとインクリメンタルでファイルが表示され、マウスオーバーでプレビューを表示する事も可能です。

テキストの加工

120724 0008 2

「書式」→「加工処理」にはテキストを処理する便利な機能があります。

場所をお気に入りのフォルダ置き場として使う

Places

サイドバーにある「場所」を使えば、よく使うフォルダを登録できます。
リモートのフォルダも登録可能。

プレビューからスタイルに直接飛ぶ

Jumpto

プレビュー画面で要素を右クリックすると、すぐに該当のCSSにジャンプできます。(バージョン 2.0.2で追加される機能のようです)

いかがでしたでしょうか?

Coda 2は出たばかりでバグなどもまだまだ多いですが、バージョンアップでもっと良くなっていくんじゃないかと思います。今回の記事が何かしら参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、RSSまたはツイッターで購読していただけるとうれしいです!

前後の記事

こちらも合わせてどうぞ

サイト内を検索
例:Youtube、iPhone、Evernote、PDF