[Mac] 非表示なライブラリフォルダにアクセスする方法まとめ。

120827 0007 2

Lion や Moutain Lion ではユーザーのライブラリフォルダが非表示になっています。
SIMBLやQuickLookプラグインなどのインストール、アプリのトラブルシューティングなどでアクセスする事があるのでまとめてみました。

ライブラリフォルダの場所

120827 0002 2

ライブラリフォルダはユーザーのホームフォルダに非表示フォルダとして存在しています。SnowLeopard までは常に表示されていたのですが、Lion 以降は非表示の扱いになっています。

以下のやり方でライブラリフォルダへアクセスできるようになります。

一時的にライブラリフォルダを表示

Finderの移動メニューからアクセスします。

120827 0009 2

Finder で Option キーを押しながらメニューの移動をクリック。
「ライブラリ」が表示されるので選択するとFinderで表示されます。

常にライブラリフォルダーを表示しておく

常に表示しておくには、Finderのサイドバーへ登録やアプリを使った設定、コマンドでの設定などがあります。それぞれ説明していきます。

サイドバーに登録

120827 0010 2

はじめに Finder のメニューから「パスバーを表示」を選択。

120827 0011 2

Option を押しながらライブラリフォルダを表示したら、パスバーからサイドバーにドラッグ&ドロップして登録します。
次回からは、サイトバーの「ライブラリ」を選択すればアクセスできます。

Mountain Tweaks を使って表示

スクリーンショット 2012 08 27 15 32 00 2

Moutain Lion をカスタマイズできる Mountain Tweaks で「Show the user Library …」の「YES」をクリックすると表示されるようになります。

Mountain Lion の隠し機能を簡単に有効にできる「Mountain Tweaks」の使い方 « Appdrill Macのアプリ情報を配信しています。

Mountain Lion の細かいカスタマイズがワンボタンできる Mountain Tweaks です。 Lion と Mountain Lion のカスタマイズができるのですが、今回は Mount …

Desktop Utility を使って表示

120827 0012 2

Desktop Utility のメニューにある「Show User Library」を選択すると表示されるようになります。

デスクトップのアイコンを隠したり、不可視ファイルを簡単に表示できる「DesktopUtility」 « Appdrill Macのアプリ情報を配信しています。

メニューバーに追加されるアイコンから、 デスクトップ上のアイコンを隠したり不可視ファイルの表示、ゴミ箱の強制削除ができるアプリ。 …

コマンドを使って表示

ターミナルから以下のコマンドで表示されるようになります。

chflags nohidden ~/Library

元に戻す(非表示にする)には下のコマンドです。

chflags hidden ~/Library

いかがでしたでしょうか? この先、ライブラリフォルダにインストールするプラグインなどを紹介する事があるかと思いますが、そんな時に参考にしてみてください!

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

前後の記事

サイト内を検索
例:Youtube、iPhone、Evernote、PDF