[Mac] オートスクロール付きの歌詞表示ができる iTunesコントローラー「Tune•Instructor」無料。

スクリーンショット

メニューバーから iTunesのコントロールや曲のレーティングができるアプリです。
曲の変わり目でジャケットを表示したり、歌詞表示や Last.fmとの連携などが可能です。

使ってみました

スクリーンショット

起動すると、メニューバーにコントローラーとレーティングが表示されます。
レーティング部分は環境設定から非表示にもできます。

スクリーンショット

曲の変わり目でアートワークを表示してくれます。

歌詞表示

スクリーンショット

歌詞表示するには、ディスクのようなアイコンをクリックして表示される音符のボタンをクリックします。

スクリーンショット

再生している曲の経過時間に合わせて自動でスクロールします。

スクリーンショット

左下にあるボタンで、「常に最前面」「全てのSpacesで表示」「オートスクロールのON/OFF」を切り替え可能。

その他の機能

スクリーンショット

その他には、Last.fmとの連携や、

スクリーンショット

ID3-Tagの編集、アートワークのダウンロードもできるようです。

おわりに

簡単にレーティングできたりオートスクロール付きの歌詞表示ができたりと、メニューバーからiTunesをコントーロールするアプリとしてはかなり高機能じゃないかと思います。気になった方は是非チェックしてみてください!

Tune•Instructor

価格:無料(記事投稿時)

ダウンロードする

※ 歌詞の表示は楽曲に歌詞が登録されている必要があります。歌詞の検索、ダウンロード、登録はこちらのアプリが便利です。
iTunes と連携して歌詞を検索&ダウンロードしてくれる「Lyrics Master」無料。

スポンサードリンク

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、RSSまたはツイッターで購読していただけるとうれしいです!

前後の記事

こちらも合わせてどうぞ

サイト内を検索
例:Youtube、iPhone、Evernote、PDF