[Mac] どんなアプリでもOK!選択したMarkdownテキストをHTMLに一発変換する方法。

今回は選択したMarkdownテキストをHTMLに変換する方法をご紹介します。
エディタを問わずにMarkdownで書かれたテキストなら、右クリックから一発でHTMLに変換できるようになります。

Automaotr で作ります

スクリーンショット

Automaotrを起動してサービスを選択します。

スクリーンショット

受け取る項目で「テキスト」を選択して、
「選択されたテキストを出力で置き換える」をチェックします。

スクリーンショット

アクションライブラリから「シェルスクリプトを実行」を追加して、
シェルのところを「/usr/bin/perl」に変更。

スクリーンショット

次にこちらのサイトから Markdown.zip をダウンロードして解凍。

スクリーンショット

中にある「Markdown.pl」をテキストエディタで開きます。

スクリーンショット

開いたら全て選択した状態でコピー。

スクリーンショット

Automatorに戻って先ほどの「シェルススクリプトを実行」のとこに貼り付け。

スクリーンショット

後は名前を付けて保存すれば完了です。

実際に使ってみます!

スクリーンショット

Markdownで書かれたテキストを選択した状態で、右クリックから先程作った項目を選びます。

スクリーンショット

ちゃんとHTMLに変換されました!
MarkdownとHTMLが混在しているテキストでもMarkdownの部分だけちゃんと変換してくれます。

終わりに

いろいろな場面で Markdown をよく使うという方は作っておくと便利かもしれません。簡単にできますので試してみてください!

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

前後の記事

サイト内を検索
例:Youtube、iPhone、Evernote、PDF