ドラッグ&ドロップでMacやiPhoneにファイルを送れる「Instashare」無料です。

スクリーンショット

ドラッグ&ドロップで Mac、iPhone、iPad にファイルを送れる「Instashare」をご紹介します。

このアプリを使えば、Mac ⇔ Mac、Mac ⇔ iPhone、iPhone ⇔ iPhone など自由にファイルをやり取りできます!

使ってみました

MacとiPhoneにそれぞれアプリをインストールして使います。
まずはMacから別のMacへ送ってみます。

スクリーンショット

メニューバーのアイコンにファイルをドラッグするとデバイスの一覧が表示されます。

スクリーンショット

送りたいデバイスの上でファイルをドロップ。

スクリーンショット

受信するMacで確認画面が出るので「Allow」を選択すると転送が始まります。

スクリーンショット

転送が完了しました。リストにファイルが表示されるので右端のボタンから開きます。ファイル自体は「ダウンロードフォルダ」に保存されます。

MacからiPhoneに送ってみました

スクリーンショット

今度は iPhone に送ってみます。

スクリーンショットスクリーンショット

同じように確認画面が出てくるので「Allow」をタップ。
受信が完了したら右端のボタンを押します。

スクリーンショットスクリーンショット

今回はZIPファイルを送ったのですが、メールやEvernoteの他にZIPファイルを開けるアプリのアイコンが表示されます。

送ったファイルの種類によって連携できるアプリが変わるようです。

iPhone 5 から iPhone 4 へ

スクリーンショットスクリーンショット

今度は iPhone 5 から iPhone 4 へ送ってみます。
送りたい写真を長押しするとデバイス一覧画面になるので、iPhone 4 へドラッグ。

スクリーンショットスクリーンショット

受信が完了したら、同じように右端のボタンをタップすると連携できるアプリが表示されます。

終わりに

InstashareはMacとiPhone間で簡単にファイルを共有できるアプリです。今後、Andoroid版とWindows版の提供も予定されています。MacとiPhoneで頻繁にファイルをやり取りする方は、連携できるアプリも豊富ですし無料で利用できますので是非チェックしてみてください!

Mac版はこちらから

Instashare

価格:無料(記事投稿時)

ダウンロードする

iPhone版はこちらから

Instashare Air Drop - Transfer files the easy way

カテゴリ:仕事効率化
価格:無料(記事投稿時)
     
iPhone / iPad の両方に対応

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

前後の記事

サイト内を検索
例:Youtube、iPhone、Evernote、PDF