[Mac] メニューバーからワンクリックで不可視ファイルを表示できる「Funter」

メニューバーから簡単に不可視ファイルの表示・非表示を切り替えられる「Funter」をご紹介します。 .gitignore や .htaccess などを表示したい時に便利です。

使ってみました

スクリーンショット

起動するとメニューバーにアイコンが追加されます。

スクリーンショット

不可視ファイルを表示するには、アイコンをクリックして「Show Hidden Files」を選択。

スクリーンショット

アイコンに「・」が追加されて不可視ファイルが表示されます。

スクリーンショット

元に戻すにはもう一度「Show Hidden Files」を選択するだけです。

Funter

価格:無料(記事投稿時)

ダウンロードする

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

前後の記事

サイト内を検索
例:Youtube、iPhone、Evernote、PDF