[Mac] 便利です!Finderで開いたフォルダを画面端にしまう事ができる「Popup Window」

Finderで開いたフォルダを画面端にしまう事ができる「Popup Window」をご紹介します。

このアプリを使えばデスクトップを散らかす事なく、よく使うファイルやアプリに素早くアクセスできるようになります。古いMacユーザーの方ならMac OS 9の「ポップアップウインドウ」を想像してもらえると解りやすいと思います。

使ってみました

スクリーンショット

使い方は簡単で、Popup Windowを起動した状態で任意のフォルダを画面端にドラッグ&ドロップするだけです。

スクリーンショット

ドロップした場所にタブが作られます。
このタブは画面端にくっついた状態で、自由に場所を移動できます。

スクリーンショット

タブをクリックしてフォルダをポップアップ。表示されたファイルはFinderとほぼ同じように操作可能です。

ビデオでご紹介

このタブは上下左右どこの端にも作る事ができ、Dockやメニューバーがあっても邪魔にならないように配置してくれます。また、複数のタブを作成する事も可能です。

詳しい機能は、作者様が作られたビデオが非常に解りやいので是非ご覧ください。

設定画面

スクリーンショット

環境設定画面では、ポップアップウィンドウやアイコンの大きさ、ショートカットや細かな挙動を指定可能。画面は全て日本語化されています。

ポップアップウインドウ

カテゴリ:仕事効率化・ユーティリティ
価格:480円(記事投稿時)
     

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

前後の記事

サイト内を検索
例:Youtube、iPhone、Evernote、PDF